富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

プログラム紹介

プログラム紹介

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

たぬきっこ森のようちえん~秋~(2016年9月24日、9月25日開催)

9月24日25日に、4~6歳の幼児とその保護者対象のイベント

「たぬきっこ森のようちえん~秋~」を元気に開催しました!

雨が心配されましたが、子どもたちの元気パワーのおかげか、

2日間、1滴も雨にぬれずに無事終了することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の森は、葉っぱやお花もあれば、どんぐりなどの木の実もあって実は宝物がいっぱい。

そこで今回のテーマは「秋のたからものを見つけよう☆」

一人ひとつスタッフお手製の宝箱をもって森の中へ出かけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「好きな手触りのもの」「いい音のするもの」など、五感を使いながら宝物を探していきます。

子どもたちは、お母さん・おじいちゃんおばあちゃんと「これいいね!あれはどう?」と言いながら、

夢中で自分の宝箱をいっぱいにしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんぐりがたくさん入っている子もいれば、

お花がたくさん入っている子、選りすぐりのとびっきりの1品を大事そうに宝箱に入れている子もいました。

 

 

そして宝箱が出来上がったあとは、宝箱を入れて持って帰るためのバック作りをしました。

森の中で色々な種類の葉っぱを採取し、スタンプ変わりに使ったり、絵具をブラシで散らす技法や、

布で作った玉をポンポンして模様を作る技法など、様々な方法でオリジナルのバックを作ります。

途中大人のほうが熱中しちゃう!?くらい作品作りは楽しいもの。

それぞれ思い思いの個性あふれる素敵なバックが仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


子どもたちは、仕上がったバックの絵具が乾くのも待ちきれない様子で、

嬉しそうに宝箱を入れて持ち歩いていました。

大事な宝箱に、自分で作ったバック!それはそれは、嬉しいですよね!

 

そして、楽しい一日の締めくくりはわらべうたと絵本の時間。

今回もおはなしの世界の秋も堪能しました。


参加者のお母さんからは、「視点を変えるだけで普段ありふれたものが、宝物になるのですね」と

素敵な感想を頂きました。

 


自然の中は見方を変えるだけで、それが宝物になったり、おもちゃになったり、スタンプになったりします。

たぬきっこ森のようちえんでは、そうした自然を五感で味わいながら、

季節を感じるプログラムを考えております。


次回冬の回は、11月26日(土)、27日(日)に開催いたします!※両日同じ内容です。

 冬といえば!!テーマは「焚き火」です。

マッチを使って火を起こし、その火でおやつづくりをしてみようと思います。

また、冬ならではの自然遊びもおすすめです♪

ぜひ、たぬきっこ森のようちえん~冬~に遊びに来てくださいね!


第3回たぬきっこクラブ~漁師になる~(2016年8月27日実施)

8月27日(日)、第3回たぬきっこクラブ~漁師になる~が開催されました。

 

初めは「魚のきもちになる!」ということで、川へレッツゴー!10℃前後の川の冷たさを実感します。

川に顔を入れて、水中を観察。なんと参加の姿が!

親子で協力して魚を捕まえる時間です。

なかなか一筋縄ではいかないですが、頑張って頑張って魚を捕まえることできました。

 

続いては魚との知恵比べ!釣りをして、その場で焼いた魚をいただきます。

強い雨が降る中の釣りは、餌もふやけて難航しました。

しかし、苦労して捕まえた魚は、とってもおいしい!骨まで焼いて食べちゃいました!

 

最後に、魚をさばく時間。自分たちで捕まえた魚を食べられるようにします。

捕まえた時は生きていた命をいただくことは、ショックを受けてしまう子供もいたようです。

ですが、魚は切り身で生きているわけではありません。

誰かが、命を頂き僕たちの食卓に提供してくれるのです。

そのことを少しでも知ってもらえたら嬉しいですね♪

 

次回のたぬきっこクラブは登山家になるです!

乞うご期待!!

富士山ダイナミックキャンプ2016(8月16~19日)

 

小学3年~中学2年まで幅広い年齢の子供たちが

集まってくれた今回のキャンプ。

 

 

学区を超えて、年齢を超えて、の様々な交流の中で、

ケンカし、仲直りし、笑いあって、仲間になる。

数々の課題を乗り越えていく中で、絆を深めていく。

 

 

時には、くじけたり、涙したりしたこともあった。

でもそこから頑張ってできた時、

仲間が助けてくれた時、それは自信に変わる。

 

 

普段、当たり前の寝る場所がない!

そこで大工さん張りにテントをたてる。

 

 

火おこしの術で、本来火を起こすことはとても

大変でいかにありがたいものかを学ぶ。

 

 

その火で自分たちのご飯を作る。

そういった生活体験の集大成として行った

「チーム対抗料理対決」の盛り上がりは見事でした。

 

 

また、自然にもぞんぶんに触れ合った4日間でした。

こわい噂の森「青木ヶ原樹海」は、途中に出される

課題に果敢に挑み、チーム力で楽しく乗り切った後、

普段はあまり経験できない真っ暗闇に現れる

「氷の女神」を目撃した貴重な体験でした。

 

 

そして、いよいよ「なぞときの旅」。

目かくしされて車に乗り、降りた所からしてナゾ。

次々と現れるナゾを自らの力で解いて、ゴールまで

たどり着く。

待っていたのは、

富士山の湧水とそこに生きる魚たちでした。

その魚を釣り上げて食べた時のウマかったこと‼

自然なしでは人は生きていけないということを

感じてくれてたらいいなあ。

 

 

もうひとつ、キャンプの醍醐味は友達ができること。

その友達同士で出し物を出し合う「夜のお楽しみ会」

子どもの発想力・実行力ははるかに僕たちスタッフ

の想像を超えて、大笑いした時間でした。

 

 

「スタッフ」と「子どもたち」と「自然」が合わさり

一緒に作り上げるキャンプになりました。

参加してくれたみんな、本当にありがとう!!

 


(スタッフ:ちょびひげ、ずーみん、

うえっち、むらちゃん)

富士山溶岩洞くつ探険(7月24日~8月13日開催)

 

7月24日、8月7日、9日、11日、13日の5日間に大人気プログラム

【富士山溶岩洞くつ探険】が開催されました。

総勢127名が参加してくださり、各回とても賑やかになりました。

8000年前に出来た洞窟は迫力満点!

ヘルメットと軍手を装着し、ライトを片手に長さ150mの洞くつを探検します。

途中で、洞くつの暗闇を体験したり、その暗闇の中を歩いたりと洞くつならではの面白さを経験しました。

最後に、洞くつ入り口で取った写真では勇敢な探険家たちの顔を収めることができました。

眺めたり、登ったりすることで有名な富士山。

今回は潜るという冒険をしました。富士山をはじめ、

自然の楽しさや楽しみ方を知ってもらえると嬉しいですね!

 

次回開催は2016年9月18日(日)です。

ご興味ある方はぜひ、ご参加ください。

 

富士山冒険キャンプ入門編2016(7月29~31日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月29~31日の2泊3日。田貫湖冒険キャンプ入門編が開催されました。

 

雨も降らず、天気にも恵まれた2泊3日。みんなの笑顔が光るキャンプを過ごすことができました。

 

入門キャンプのテーマは「初めてのことにも挑戦!」「自分のことは自分でやろう!」。

テントでの生活や食事作りを経験し、沢遊びや火おこしといったプログラムを通して、何事も失敗を恐れず、初めてのことにたくさんチャレンジしてもらいました。

 

子供たちは元気いっぱい、それでいて1つ1つことに集中して取り組む。時間が経つにつれて、深まる絆。どんどん成長していく彼らに、スタッフも勇気をもらいました。

 

キャンプは、大きく見える富士山が元気な子供たちを出迎えて始まりました。

大工さんになってチームで協力してテントを建てる姿。

 

ガスやチャッカマン、新聞紙は使わない火おこしでは、

マッチと薪から少しずつ火を大きくする真剣な表情が見れました。

 

ごはんもみんなで1から調理。

スタッフが驚いたのは、包丁の使い方が上手いこと。中には、子ども同士で教え合う場面もありました。みんなで作り・食べるごはんは、格別の味だったに違いありません。

 

沢あそびでは、網を片手に生き物探し。

綺麗な川に住む生き物をたくさん発見しました!

そして、魚を捕まえるために一丸となる子どもたち。

大きな挑戦の舞台として、高さ2mの滝へのダイブ。

自分の限界を越えて、一歩一歩大きくなる姿がありました。

 

夜には流れ星が見えるほどの一面の星空。

そして、その星が見えないほど真っ暗な森の中を探検。

初めて入る夜の森から自然の偉大さを知り、飛び交うホタルの光に神秘さを感じていました。

 

最終日に行った、流しうどんでは丸い竹を半分に割るところから始まります。

みんなで協力して1つのもの作り上げる楽しさと

達成感を知ってもらえたのではないでしょうか?

 

みんなで食べた、うどんの味は夏の思い出の1ページとして、

子供たちに残り続けてくれると嬉しいです。

 

最後に「キャンプに来てよかったと思うことはなんですか?」と質問しました。

 

「友達と思いっきり遊べたこと」「川に飛び込めたこと」「自然と触れ合えた」など

子供たち1人1人が楽しさを見つけ出してくれたようです。

 

楽しむ時は楽しむ!大事な場面では真剣!!

 

そんな姿を見せてくれた子供たちの顔が今でも思い出されます。

彼らの成長に立ち会えたことにスタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

 

また、みんなに会えるのが楽しみです。

 

えびちゃん、ず~みん、もみちゃん、ばび~、こゆるん

 

たぬき湖夏まつり2016(2016年7月10日開催)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月10日(日)、たぬき湖夏まつり2016が開催され4000人近い方が遊びに来てくれました。

本当にありがとうございます!

今年も、休暇村富士山と共同開催です!

両会場では、地元の園児が描いたおじいちゃん・おばあちゃんの笑顔がお出迎え。

 

館内では人気の生き物ふれあいコーナーを開催!

ザリガニ釣り&ドジョウの掴みどりが登場。

ぬるぬるボディのドジョウの体を捕まえようと必死の子供たち。

ぶら下げたスルメにザリガニが食いつくのを今か今かと待つ大人たち。

釣り上げた時は子供のように大喜びでした♪やっぱり、生き物はみんなの人気者のようです。

 

館内には他にも、名人による竹とんぼ作りコーナーが。

竹とんぼの作り方やナイフの使い方もレクチャー。

ナイフも使えて、ものすっごい飛ぶ竹とんぼが完成です!

 

レクチャー棟では、昔遊びコーナーが大盛り上がり!

この日のために用意した遊び道具にみんな夢中で遊んでいました(嬉しい♪)。

特に人気だったのは、わなげ大会!

ペア対抗のわなげ大会では幼稚園児からおじいちゃんまでのたくさんの人たちが

記録を目指して協力する姿がありました。

 

野外ステージでは、わくわくクラフトコーナーを開催。

お馴染みマイバック作りや木のペンダント作りをはじめ、

葉っぱでスタンプ作りやブンブンごま作りなどのクラフトが目白押し!

世界で1つだけの宝物はできたかな?

 

そして、一番の盛り上がりを見せたのは大抽選会!

無料のポイントラリーをクリアした人が参加できる抽選会は人!人!!人!!!

で館内が熱気に包まれました。

景品は休暇村富士さんとつながりのある業者さんから頂いたものでどれも豪華なものばかり。

高級メロンやマンゴー、休暇村富士温泉無料券、チーズケーキなどなど。

そして一等はマグロ券!
たくさんの人に支えられ、たくさんの人が遊びに来てくれてとても素敵な一日となりました。

 

本当にありがとうございました!これからも自然塾をよろしくお願いします!

田貫湖ふれあい自然塾 一同

たぬきっこ森のようちえん~夏~(2016年7月2日、7月3日開催)

年4回の幼児親子向けプログラム、「たぬきっこ森のようちえん」。

その夏の回を7月2日、3日に開催しました!

テーマは夏らしく「虫!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


元気に楽しく、様々な角度から虫に迫りました。

はじまりの会では、子どもたちには「なんの虫が好き?」という質問を、

親御さんには「虫への印象は?」という質問をしてみると…

子どもたちからはクワガタにダンゴムシ、カマキリ、チョウとたくさんの答えが!

対して、親御さんからは「虫、大丈夫です!」という声はちらほらで、

「虫はちょっと…」という方がたくさん。

そうなんですよね。なぜか、大人になっていくにしたがって虫が遠い存在になってしまう。

でも、よーく彼らのひみつを知るとびっくり仰天!すごーい!と叫びたくなることがたくさんなんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな虫のことを楽しく教えてくれたのは特別ゲストの「むしむし博士」!!

写真に隠れている虫を見つけて、虫を探す目を養い、虫取りの方法を博士から伝授してもらい…

いざ、虫捕りの冒険へ出発です!


チョウやバッタ、ダンゴムシ、ちょっと知られていない虫など。

たくさんの虫を捕まえて虫かごに入れていきます。

「虫はちょっと…」と言っていたお父さん・お母さんも我が子のためとなれば、

手袋をして懸命に虫取りに挑戦です!

子どもも大人も関係なく夢中になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虫取りのあとは、「むしむし大運動会!」

捕まえてきた虫さんたちに大活躍してもらい、運動会の開催です!

かけっこで足の速さを競ったり、ジャンプでどの虫が一番遠くまで飛べるか競争したり。

虫さんたちの頑張る姿に、応援する私達のこぶしにも力が入ります。

中でも一番白熱したのは、「ダンゴムシレース」!!

ダンゴムシの習性を利用して、迷路を通り抜ける速さを競いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


虫は人間と違うところがたくさんあります。足の数、色、目の数などなど…。

ゆえに、どこか遠ざけてしまいがちですが、人間とは違うからこそ、

虫にしかない能力や魅力があります。

それを会場にいた皆で感じることができました。

 

お父さん・お母さんからは、

「虫でゲームができるなんて知らなかった!」

「子どもたちが虫に触れる機会を持てて嬉しかった。」

「虫は苦手だったけど、興味が出てきました。図書館で子どもと調べてみます!」

という感想を頂き、むしむし博士も、スタッフも嬉しい限りでした。

 

今回ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました。

虫さんとお友達になってみた一日はいかがでしたでしょうか?

虫達は、道端の草むらや公園の茂みなど私達のすぐそばで暮らしているはずです。

ぜひまた、親子で虫取りや観察、虫さん運動会してみてくださいね!

 

さて、次回はたぬきっこ森のようちえん~秋

9月24日(土)、25日(日)開催です!!!!

テーマはずばり!!「秋のたからものを見つけよう☆」

みなさん、秋の森には宝物がたくさん!って知っていますか?

秋の森で宝物を拾い、拾った宝物をつかって"世界でひとつのオリジナルバック”を

作ろうと思っています♪

ぜひ、親子で、おじいちゃんおばあちゃんとお孫さんで…などなど

みなさんのご参加、心からお待ちしております!

 

ずーみん

ムササビウォッチング(2016年月5月28日、6月4日 開催)

5月28日(土)、6月4日(土)に生き物不思議探検隊~ムササビウォッチング~が開催されました。


たくさんの方に参加して頂き、賑わった会となりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最初は、みなさんがどれだけムササビを知っているかを小手調べ。

未完成のムササビの絵を、どんな生き物か想像しながら描いてもらいました。

答え合わせでムササビくんにも登場してもらい、体の特徴を学びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


続いて、ムササビをもっと知ってもらうために、家族対抗クイズ大会を開催!

そのクイズ大会に駆け付けたゲストがいます!その名も生き物博士🎵

くるくるパーマで眼鏡をかけた博士は、生き物にすっごい詳しいのです。

博士と一緒に「ムササビは何を食べるの?」「どれくらい飛ぶの?」などムササビの秘密に迫りました。

 

さぁ、いよいよムササビ観察の時間。

観察用の双眼鏡をぶら下げてムササビのいる森の中へ!

森の中には巣箱が設置されていて、その中にムササビが昼間、入っています。

決まった時間に巣箱を見ると、ちょうど外へ出かけるムササビと出会うことができるのです。

結果は...1回目(5月28日)の開催では残念ながら、見ることができませんでした。

やはり自然。なかなか上手くはいきません。

そして、2回目(6月4日)はなんと!巣箱に入ったムササビが!?見事!滑空する姿も見れました。

ムササビさん、次は両方とも入っていてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


森から帰って来たら、とあるムササビのちょっと悲しい紙芝居。

みんなとても真剣に聞いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、写真を撮って終了!


少しでもムササビのこと、森のこと、夜の自然の楽しさが知ってもらえたなら嬉しいです。


参加してくれたみなさん、本当にありがとうございました。


ムササビウォッチングは来年も開催する予定です!

みなさんのご参加をお待ちしております。


ちょびひげ、えびちゃん、ず~みん、はかせ

たぬきっこ森のようちえん~春~(2016年月5月21日、5月22日 開催)

2016年度も始まりました、「たぬきっこ♪森のようちえん」

年4回…春夏秋冬と季節の自然を親子で楽しみます。

今年度第一回目、春の回は5月21日・22日、

両日ともにとっても気持ちのよいお天気のもと開催いたしました!

 

春といえば、お花に草にたくさんの生き物たち…!

実は春の草花は食べられるものがいっぱい!って知っていましたか?

そんな春を存分に感じられるよう、今回のテーマは「春の野あそび&野草の天ぷらづくり♫」

美味しく楽しく、春を満喫しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはシロツメクサがいっぱいに広がる広場でゲーム!

ちょうちょになりながら鬼ごっこをしたり、葉っぱコレクションを見せ合ったり。

ゲームのあとは、「春の野あそび」をしに森へレッツゴー!

タンポポの茎でシャボン玉をしたり、葉っぱで草相撲をしたり、フキの葉っぱでかいじゅうになったり…。

自然のもので遊ぶって本当に楽しいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森の奥にある池では、「モリアオガエル」の卵を観察。

本物のモリアオガエルも登場してみんな興味津々でした。

そしてなんと!そのモリアオガエルから子どもたちへお手紙が!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モリアオガエルの「ぴょんた」がみんなに美味しい野草を教えてくれたのです。

イタドリやハルジオンなどたくさんの野草をぴょんたからの手紙を頼りに籠いっぱいに摘みました。

お部屋に戻ったら、自分たちで摘んだ野草を使って天ぷらをつくります。

野草を丁寧に洗い、天ぷらのタネをつくり、揚げていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうおなかはぺっこぺこ!

子どもたちも「美味しい!」と野草天ぷらをぺろり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、野草天ぷらを特に喜んでくださったのはお父さんお母さん。

「道端の草花がこんなに美味しく食べられるのですね。ただの雑草だと思っていました。」

「お花の部分も食べられるなんて驚きです!」  とお話ししてくださいました。

 

ごはんの後は、色々なカエルさんがお目見え!

子どもも大人も関係なく、たくさんのカエルに大はしゃぎ。

なんとか子どもに触らせたいと、カエルをもって走りだすお父さんまで!

苦手だった子もみんなと一緒なら触れちゃうから不思議です。

みんなカエルを触るときは、そっとやさしく大事そうに触れています。

本物の生き物がもつ力というのは偉大ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カエル登場のあとは、ナツのわらべうたと絵本の読みきかせの時間。

春の絵本を読んでもらいながら、お話の世界へ。

外で読んでもらう絵本というのは、また格別です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの春にふれた1日、いかがでしたでしょうか。

たぬきっこ♪森のようちえん~春~にご参加くださったみなさん

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回、夏の回は7月2日、3日に開催いたします!!

テーマはずばり!!「虫さんとお友達になろう!」

虫好きさんも、虫嫌いさんも田貫湖ふれあい自然塾に大集合です!

親子で虫を捕まえたり、観察したり、虫の気持ちになってみたり!?

きっとこれからは虫のことが「無視」できなくなっちゃう!?

…そんな、少しでも虫を身近なに感じてもらえるような楽しい内容を考えています。

またみんなの素敵な笑顔に会えることをずーみんもナツも楽しみにしています!

 

ずーみん&ナツ&ぴょんた

GW特集(2016年4月29日~5月2日実施)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GWは自然塾で様々なイベントを行っています!

 

4月29、5月1日には総勢40名の方々が富士山洞くつ探検な参加してくれました。

約8000年前に出来た洞窟へ、ライトとヘルメットをもって本格的に探検。

コウモリの気配を感じ、真っ暗闇の中を突き進み、洞くつの楽しさを存分に楽しみました。

最後は探検後の良い顔を洞窟の前でパシャリッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クライミング体験も大人気!

命綱だけを体につけて、自分の力で高さ8mの壁を登ります

小学1年生~4年生までの子供たちがチャレンジしてくれました。

たどり着くのは難しいですが、てっぺんについた時の子供たちの顔は

自信に満ち溢れていました。

もちろん、大人の人もチャレンジ!!

ひょいひょいっと登る姿に子供たちは目をキラキラさせていました♪

 

お父さん!お母さん!お子さんにかっこいいところを見せるチャンスですよ~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GW前半の4日間で3000人以上の方が自然塾に遊びに来てくれました。

本当にありがとうございます。

 

5月3日からも様々なイベントが盛りだくさんです!

GWに新登場した丸太を使ったぶんぶんゴマ作り、

大人気!田貫湖なぞとき探偵事務所などのいつ来ても

 

ご参加頂けるプログラムもありますよ♪

 

みなさん、奮ってご参加ください。

 

みなさんのご来館をスタッフ一同お待ちしております。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 16ページ中5ページ目