富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

小田貫湿原2012年12月26日

足跡はしっかりと!


雪の上にはしっかりと残っている、動物たちのいた証拠!
寒い冬でも動物たちは、頑張って生きています。

この足跡の正体は、リスの後ろ足。他にもたくさんの足跡が湿原には残っていました。

この時期、雪の上を探してみれば、動物たちの足跡を発見しやすいですよ!

人間が作った道でさえも、時間差では色んな動物たちも利用していたりと、足跡の様子から

動物たちの行動をみても面白いと思います。

(2012年12月26日)

小田貫湿原2012年12月12日

氷の世界!

 

地面から突如飛び出る「霜柱」。
これ実は、地面の中から出てきた水が凍ってできるんです。

 

地面の中にある水の姿なんて、普段なかなか見れないですよね。
冬ならではの景色。

 

ざくざく踏みしめたり、柱の長さを競ったりして、
お楽しみください♪

(2012年12月12日)

 

小田貫湿原2012年11月28日

氷点下!!

 

田貫湖周辺は、日に日に冬の雰囲気を感じるようになってきました。

 

朝方、日陰になっている場所では氷点下になっているようで、
足元には氷もちらほら見られる様になりました。

 

写真の葉っぱの上にも、氷がびっしり。
湿原や田貫湖に氷が張るのももうすぐです。

 

冬支度を始めた自然をぜひ探しに来てみてください。
(2012年11月28日)

小田貫湿原2012年11月10日

地味な花!?

 

 

季節はずれの線香花火のように咲いていたのが、
「ノダケ」の花。

 

この時期は地味な花をつける植物が多く、
見つけるのもなかなか難しいですよね。

 

湿原の花もピークを過ぎ、目立つ花は少なくなりましたが、
植物たちにとって、ライバルが少ないチャンスの時期でもあるんです。

 

栄養の少ない冬は、目立たない花を咲かせることで、
使うエネルギーを節約します。

 

ライバルがいない分、花があるだけで目立つんですね。

 

生き物たちの適応する力。
そんなことを考えながら、冬の散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか?
(2012年11月10日)

小田貫湿原2018年7月10日

花の競演第2幕開幕!

夏になって、暑い日が続くようになってきました。

梅雨の雨に姿を隠していた虫たちも忙しそうに飛び回っています。

 

そこで、お客さんが増えてきたとばかりに、植物たちは

花のレストランを次々にオープンさせるので、春に続くさまざまな花たちの

競演がまた始まります。

 

春と違うのは、その花たちの大きさ。

夏に出てくる昆虫は大型なものが多いので、花の大きさも大きくなります。

写真はクサレダマ。

 

大型の花たちが見ごろの湿原に出かけてみませんか?

2018年6月30日 小田貫湿原 

道端にも良く生えているカタバミ。

ハート型の葉っぱが特徴的ですね!

その葉っぱをかじってみると酸っぱい!

この酸っぱさのおかげで大事な葉っぱが食べられにくいようです。

動けない植物たちの身を守る戦略!あっぱれです。

2018年6月10日 小田貫湿原

「夏鳥」といわれる鳥たち。夏の時期にしか日本では見られないやつです。

しかし、夏鳥の代表ともいえるツバメは3月中に、

その他の鳥たちも順次やってきて、今は勢ぞろいしています。

さあ、夏鳥たちのさえずりの共演をお楽しみに♪

2018年1月30日 小田貫湿原

冬だけ会えるね!

 

 

冬のお馴染み「霜柱」。

ザクザク踏んで遊んだことのある人も多いのでは?

冬の朝突如現れる霜柱の正体は、寒さで凍った土中の水分。

ふだんは目にしづらい土の水分が今だからこそ見られる!!

なんて、ちょっとお得な気分です♪

2018年1月15日 小田貫湿原 

ウソです

 

 

紅色ほっぺで、ふっくらした体の鳥。

声はフィーと口笛のような細くキレイです。

昔の人もそう感じたようで、古語で口笛を「うそ」と言うことから、

「ウソ」と名付けられました(本当です!)。

口笛の音色が聞こえたらウソかも!?

2017年12月20日 小田貫湿原

にょろにょろもいろいろアリマス!

 

 

この生き物の名前、わかりますか?

ムカデに間違えられるけれど、正解はヤスデ。

ムカデよりも脚の数が多いくせに動くのは遅い生き物。

ムカデと違って噛みついたりはしません。似てても違う生き物。

ぜひ違いを見分けてみて下さい~!!

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 13ページ中1ページ目