富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

プログラム紹介

プログラム紹介

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

富士山ダイナミックキャンプ2016(8月16~19日)

 

小学3年~中学2年まで幅広い年齢の子供たちが

集まってくれた今回のキャンプ。

 

 

学区を超えて、年齢を超えて、の様々な交流の中で、

ケンカし、仲直りし、笑いあって、仲間になる。

数々の課題を乗り越えていく中で、絆を深めていく。

 

 

時には、くじけたり、涙したりしたこともあった。

でもそこから頑張ってできた時、

仲間が助けてくれた時、それは自信に変わる。

 

 

普段、当たり前の寝る場所がない!

そこで大工さん張りにテントをたてる。

 

 

火おこしの術で、本来火を起こすことはとても

大変でいかにありがたいものかを学ぶ。

 

 

その火で自分たちのご飯を作る。

そういった生活体験の集大成として行った

「チーム対抗料理対決」の盛り上がりは見事でした。

 

 

また、自然にもぞんぶんに触れ合った4日間でした。

こわい噂の森「青木ヶ原樹海」は、途中に出される

課題に果敢に挑み、チーム力で楽しく乗り切った後、

普段はあまり経験できない真っ暗闇に現れる

「氷の女神」を目撃した貴重な体験でした。

 

 

そして、いよいよ「なぞときの旅」。

目かくしされて車に乗り、降りた所からしてナゾ。

次々と現れるナゾを自らの力で解いて、ゴールまで

たどり着く。

待っていたのは、

富士山の湧水とそこに生きる魚たちでした。

その魚を釣り上げて食べた時のウマかったこと‼

自然なしでは人は生きていけないということを

感じてくれてたらいいなあ。

 

 

もうひとつ、キャンプの醍醐味は友達ができること。

その友達同士で出し物を出し合う「夜のお楽しみ会」

子どもの発想力・実行力ははるかに僕たちスタッフ

の想像を超えて、大笑いした時間でした。

 

 

「スタッフ」と「子どもたち」と「自然」が合わさり

一緒に作り上げるキャンプになりました。

参加してくれたみんな、本当にありがとう!!

 


(スタッフ:ちょびひげ、ずーみん、

うえっち、むらちゃん)

富士山溶岩洞くつ探険(7月24日~8月13日開催)

 

7月24日、8月7日、9日、11日、13日の5日間に大人気プログラム

【富士山溶岩洞くつ探険】が開催されました。

総勢127名が参加してくださり、各回とても賑やかになりました。

8000年前に出来た洞窟は迫力満点!

ヘルメットと軍手を装着し、ライトを片手に長さ150mの洞くつを探検します。

途中で、洞くつの暗闇を体験したり、その暗闇の中を歩いたりと洞くつならではの面白さを経験しました。

最後に、洞くつ入り口で取った写真では勇敢な探険家たちの顔を収めることができました。

眺めたり、登ったりすることで有名な富士山。

今回は潜るという冒険をしました。富士山をはじめ、

自然の楽しさや楽しみ方を知ってもらえると嬉しいですね!

 

次回開催は2016年9月18日(日)です。

ご興味ある方はぜひ、ご参加ください。

 

富士山冒険キャンプ入門編2016(7月29~31日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月29~31日の2泊3日。田貫湖冒険キャンプ入門編が開催されました。

 

雨も降らず、天気にも恵まれた2泊3日。みんなの笑顔が光るキャンプを過ごすことができました。

 

入門キャンプのテーマは「初めてのことにも挑戦!」「自分のことは自分でやろう!」。

テントでの生活や食事作りを経験し、沢遊びや火おこしといったプログラムを通して、何事も失敗を恐れず、初めてのことにたくさんチャレンジしてもらいました。

 

子供たちは元気いっぱい、それでいて1つ1つことに集中して取り組む。時間が経つにつれて、深まる絆。どんどん成長していく彼らに、スタッフも勇気をもらいました。

 

キャンプは、大きく見える富士山が元気な子供たちを出迎えて始まりました。

大工さんになってチームで協力してテントを建てる姿。

 

ガスやチャッカマン、新聞紙は使わない火おこしでは、

マッチと薪から少しずつ火を大きくする真剣な表情が見れました。

 

ごはんもみんなで1から調理。

スタッフが驚いたのは、包丁の使い方が上手いこと。中には、子ども同士で教え合う場面もありました。みんなで作り・食べるごはんは、格別の味だったに違いありません。

 

沢あそびでは、網を片手に生き物探し。

綺麗な川に住む生き物をたくさん発見しました!

そして、魚を捕まえるために一丸となる子どもたち。

大きな挑戦の舞台として、高さ2mの滝へのダイブ。

自分の限界を越えて、一歩一歩大きくなる姿がありました。

 

夜には流れ星が見えるほどの一面の星空。

そして、その星が見えないほど真っ暗な森の中を探検。

初めて入る夜の森から自然の偉大さを知り、飛び交うホタルの光に神秘さを感じていました。

 

最終日に行った、流しうどんでは丸い竹を半分に割るところから始まります。

みんなで協力して1つのもの作り上げる楽しさと

達成感を知ってもらえたのではないでしょうか?

 

みんなで食べた、うどんの味は夏の思い出の1ページとして、

子供たちに残り続けてくれると嬉しいです。

 

最後に「キャンプに来てよかったと思うことはなんですか?」と質問しました。

 

「友達と思いっきり遊べたこと」「川に飛び込めたこと」「自然と触れ合えた」など

子供たち1人1人が楽しさを見つけ出してくれたようです。

 

楽しむ時は楽しむ!大事な場面では真剣!!

 

そんな姿を見せてくれた子供たちの顔が今でも思い出されます。

彼らの成長に立ち会えたことにスタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

 

また、みんなに会えるのが楽しみです。

 

えびちゃん、ず~みん、もみちゃん、ばび~、こゆるん

 

<< 1 >> 1ページ中1ページ目