富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

プログラム紹介

プログラム紹介

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

田貫湖カヌー教室(2018年9月22・24日、10月8日実施)

田貫湖は知る人ぞ知る湖なので、周りに建物もほとんどなく、

自然そのままの景色が楽しめる場所。そして、絶景の富士山がバッチリまるみえ!

 


その田貫湖は普段ボートのみの利用となっているのですが、

今回事業者認定を受けて、カヌー教室を実施しました。

 


普段とは違う水面からの視線はまさに水鳥になった気分!

パドルをあやつって右へ左へ。

田貫湖唯一の島「中の島」を一周したり、

時には競争したり、カヌーを並べて合体させたり。

 

途中、水の中の生き物やそれらと陸の生き物とのつながり、

そして人間の暮らしとのつながりに想いを馳せる時間もあって、

湖を身体と心で感じていただく時間となりました。

 

あいにく富士山は恥ずかしがって?顔を隠してましたが、

暑くもなく絶好のカヌー日和に恵まれた3日間でした。

 

富士山親子キャンプ~ちびっこ編~(2018年9月15~16日)

2018年9月15日16日(土日)、「富士山親子キャンプ~ちびっこ編~」を開催いたしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は6組15名のみなさんとスタッフ4名の総勢19名の大家族となりました。
そして、子どもの対象年齢が3歳(年少)~6歳(年長)までのこのキャンプ。
それにも関わらず、偶然にも集まった子どもたちは
全員「5歳・年長さんの男の子」!!
みんな元気満点で、笑顔と笑い声の耐えないキャンプでした。

キャンプのテーマはずばり、「はじめての挑戦と親子の時間」!

大人も子どももみんなが主役!
それぞれこれまで経験してきたことも、育ってきた環境も違うけれど、
自分にとっての「はじめて」にたくさん挑戦して、
できた喜びはもちろん、できなかった悔しさも、
友達や周りの人が教えてくれたときの人の温かさも、
お父さんお母さんが側にいてくれた安心感も、
挑戦したことで色々な気持ちを感じてもらいたい!
そして、それを親子で、キャンプに集まった仲間でわかちあいたい!

せっかく「親子」で参加してもらうからこそ、
普段忙しいお父さん・お母さんに、少しでも日常を忘れて楽しんでもらいながら、
子どもとじっくり向き合う時間を過ごしてもらいたい…!

そんな想いを込めてプログラムを組み立てました。

9月15日。
1日目はあいにくの雨…。
しかし、そんな雨を忘れさせるくらい、お父さんお母さんも子どもたちも
やる気満々!
キャンプでは普段の生活ではあたり前にしていることも、
自分たちの手でひとつひとつ、つくっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心して寝るためのテントをたてたり。
身体を温めてくれる寝ぶくろを用意したり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごはんを作るための火をおこしたり。

外でごはんを作ったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなでテーブルを囲んでごはんを食べたり。

自然の中で、また、みんなでするから楽しいんですよね♪

 

特に子どもたちの中で人気だったのが、【秘密のマッチ練習】!!
お父さんお母さんがくべてくれた焚き木に火をつけないとごはんが作れない!
ということで、一人一つずつマイマッチ箱を持って、スタッフと子どもたちだけで
大特訓をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めは怖がっていた子どもも、何度も練習してちょっぴり熱い経験もしながら、
マッチの特徴を徐々に理解していきます。
そして最後にはなんと全員、上手にマッチをつけられるようになりました。

子どもたちはマッチができるようになったことが、本当に、嬉しかったようで、
みんな、大好きなお父さんお母さんにそのことをお話して、肌身離さずマッチ箱を持っていました。
大事な大事な宝物になったそうです♪


そして、無事に火はつき…。
今日の夜ご飯は「猪ハンバーグ」!
みんなでつけた火を大事につかってごはんを作ろうということで、
ごはんもおかずも全てたき火で調理。

「子どもたちがつけた火を消してはいけない!!」と、火を守るお父さんたち。
男同士和気あいあいと話に花も咲いたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで作った猪ハンバーグ。
「初めて猪肉を食べたけれど、美味しい!」と自然の恵みに感謝しながら
美味しいごはんを戴きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月16日。
2日目は、富士山の大自然の中で遊ぶべく、【洞くつ探険】へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗闇を怖がって泣いちゃう子もいるかな…?と思っていましたが、
さすが5歳、年長、男の子!!
興味津々で目を輝かせながら洞くつに入っていきます。
それに負けないくらい、お父さんお母さんの目が輝いていたのも素敵でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溶岩をさわったり、匂いをかいだり、狭い道を通ったり、
真っ暗にしてみたり…

洞くつの中、真っ暗だけど、お父さんお母さんや友達、
誰かと一緒にいれば怖くないから不思議です。
洞くつだからこそできる体験を通して、親子の絆が深められていれば嬉しいです。
(大冒険をしたあとのお昼ごはんも、とびっきり美味しかったね!♫)

1泊2日、楽しいことはあっという間♪
2日目の最後に「今回のキャンプに来てよかったことは?」と聞いてみると…

子どもたちからは、
「マッチができるようになった!」
「おにぎりをいっぱい食べたこと!」
「洞くつで真っ暗にしたことが楽しかった!」
「洞くつ探険とテントたてがよかった~!」

お父さんお母さんからは、
「みんなでごはんを食べたこと。美味しかったし、みんなで食べるっていいですね♪」
「洞くつの暗闇がよかった。
大人の時間(子どもが寝た後にちょっとアルコールも入りながら大人同士色んなお話をします)も!」
「親子の時間が全部を通して充実していてよかったです。
(キャンプ中、親子の時間を大切にしたいという)目標達成です!」
「皆さんと過ごせたことがよかったです。子どもにテント張り、火おこしをやらせたかったんです。」

とお言葉を頂きました。

ぜひこれからも、自然の中で遊んだり、自分にとっての「はじめて」を挑戦したり、
親子で今しかできない素敵な時間をお過ごしくださいね!


雨の中ではありましたが、
参加して下さった皆さんの温かさと、笑顔のおかげで楽しい2日間となりました。
ご参加下さったみなさん、本当にありがとうございました!
ぜひまた、田貫湖ふれあい自然塾に遊びにいらしてくださいね!!

ちびっこキャンプスタッフ:
ずーみん、ちゃい、つっち~、たらちゃん

富士山ダイナミックキャンプ2018(2018年8月16~19日)

今年の参加者は、小4~中2の選ばれし16名の子どもたち。知ってる顔もはじめましての顔もすぐになかよくなって、一丸となって駆け抜けた4日間。

今まで参加者だった子どもがスタッフになって登場するというサプライズもあったキャンプでした。

1日目はテントを立て、火をおこし、食事を作る中で、お互いを知る1日でした。

2日目は、特別保護地区という自然度の高い森と洞くつという自然に触れながら、お互いの絆を育んでいきました。

3日目はなぞときの旅。目かくしをして車で連れていかれた場所から協力しながら課題をクリアして、ご飯を食べテントに戻ってくる冒険です。また、夜の出し物大会は、子どもたち自らが出し物を考えて実施。ゲラゲラ笑いころげました。絆が試される日でしたが、子どもは僕らの想像以上にそれらをたくましく乗り越えて行きました。

4日目は、本場インドからのゲストを招いての料理対決。今までのチームワーク、野外技術、発想力などの集大成です。その作ったカレーのウマいこと!

4日間を通して、学区を超えて、年齢を超えて、参加者とスタッフを超えて、様々な交流がありました。やったことも大事ですが、誰と過ごしたのかもとても大事だなあ、そう感じることができたキャンプでした。

参加してくれた皆さん、ありがとう!また来年会いましょう!

 

 

 

 

 

 

スタッフ(ちょびひげ、ずーみん、大ちゃん、かんちゃん、ほっしー、アロハ、りぽ、ソータ)

親子でむしむし調査隊(2018年8月5日、9日、11日開催)

2018年8月5日、9日、11日

に親子でむしむし調査隊が開催されました。

 

田貫湖に暮らす虫たちを自分で作った虫網で

捕まえるこのプログラム。

虫好きの親子が集まりました。

 

まず初めに「相手を知る!」ということで

虫にまつわるクイズ大会。

知っているようで知らない身近な虫たちの

ヒミツに親子で迫りました。

 

虫網を作る時間。いろんな場所で虫網を

手に入れることは出来ますが、作ることは

なかなかありませんよね。

だからこそ自分で作った虫網は愛着が

沸いて虫をたくさん捕まえたくなるはず!

親子で協力しながら世界に1つだけ、しかも

良く採れる虫網が出来上がりました。

 

いよいよ、自分たちの作った網で

虫を捕まえる時間です。

今回は原っぱに暮らすバッタやチョウが

どれくらいいるか調べるために親子で

一緒に網を振りました。

中にはトンボを捕まえた家族もいました。

みなさんのかごは虫でいっぱいでした!

 

続いて、自分たちがどんな虫を

捕まえたのかを調べます。

調べるコツや観察の仕方をスタッフから伝授し、

図鑑でもくもくと名前やなんの仲間かを調べました。

 

最後に見つけた虫を調査カードに貼って結果発表!

 

スタッフも初めて確認する虫やたくさん暮らしている

虫もわかり、親子調査隊が誕生しました。

 

ぜひ、お家の周りの自然でもいろんな虫を捕まえて

調査隊として活躍してほしいですね♪

 

ありがとうございました!

 

田貫湖冒険キャンプ入門編(2018年7月27-29日開催)

2018年7月27~29日に田貫湖冒険キャンプ入門編が開催されました。

 

悪天候の予報でしたが、施設周辺での活動がメインであること、

天候が崩れる予報が夜だったこと、少人数制のキャンプであることなど、

様々な条件から安全が確保されると判断し、この度実施させて頂きました。

テントは室内で張り、沢あそびは洞くつ探険に変更するなど自然と慎重に対話し、

充実した3日間を過ごすことが出来ました。

 

キャンプでは、住む家(テント)を建て、料理するための火をおこし、

自分たちで食べるごはんを自分たちで作るといった、

“色々なことを自分の手でやってみる”を大切にしたキャンプになりました。

 

ナイトハイクや洞くつ樹海探険は、身近な自然の素晴らしさ、

自然の中で過ごす楽しさや喜びなど、普段感じることのないワクワクやドキドキ

を感じてもらえたら嬉しいです。

 

終わりの会では子どもたちに、キャンプに来てよかったことを聞いてみました。

「洞くつに入ったこと」「新しい友達ができたこと」「みんなで料理をつくったこと」など

子どもたち1人1人が楽しさを見つけ出してくれたようです。

 

スタッフもとても素敵な3日間を子どもたちと過ごすことができました。

また、いつか会えるのを楽しみにしています。

 

田貫湖ふれあい自然塾スタッフ一同(えびちゃん、ず~みん、やんも、まっきー、ふっせー)

 

たぬきっこ森のようちえん~夏~(2018年7月7日、8日開催)

 

7月7日、8日にたぬきっこ森のようちえん~夏~を開催しました!

 

今回のテーマは「生き物とお友達になる夏」

 

夏に見ることができる生き物たちのふしぎやひみつに親子で一緒に迫りました。

ナツの虫と仲良くなれるゲームでは体をいっぱい動かして笑顔もいっぱいに。

自然塾名物「生き物ハカセ」による虫取りのコツの紹介と虫捕りの時間では目を輝かせた子どもたちの表情が印象に残っています。また、捕まえた虫で開催されたムシムシワールドカップでは盛り上がりを見せ、虫の驚くべき能力を知りました。他にもザリガニやカメやナナフシなどたくさんの生き物たちを触ってお友達になりました♪

この夏を機会にこれからも生き物たちを見つけたり、触ったり、観察したりしてもらえると嬉しいです。

 

次回は10月20日、21日開催のたき火でおいしい秋です。

お楽しみに!!

ありがとうございました。

 

たぬき湖夏祭り2018(2018年7月1日開催)

7月1日にたぬき湖夏祭り2018が開催されました。

来場者はなんと5000名!

たくさんの方に来ていただきました。

本当にありがとうございました。

 


これからもみなさんへの感謝の気持ちを忘れずに、

スタッフ一同励んでいきますので

田貫湖ふれあい自然塾をよろしくお願いします!

 

たぬきっこクラブ~有機農家になる~(2018年6月17日開催)

2018年6月17日(日)、たぬきっこクラブ~有機農家になる~が開催されました。

自然の中にあるお仕事を体験するプログラムのたぬきっこクラブ。

今回は9組22名の親子にご参加頂き、1日有機農家さんになりました!

 

先生はホールアース農場のきっしーさんとくりりんさんです。

収穫体験だけではなく、普段の作業でもある草取りや野菜を作るために使った道具の片付け、お店に出すための準備など様々な体験をしました。

 

そして自然豊かな畑には生き物がいっぱい!カエル、オタマジャクシ、ヘビ、虫たちなどの生き物たちもじっくり観察しました。

 

この1日をきっかけに想いをもって野菜を作っている人を知り、野菜や食べものに興味を持ってもらえたら嬉しいです。

ありがとうございました。

 

次回は漁師になるです。お楽しみに!

 

ムササビウォッチング(2018年5月26日、6月2日開催)

生き物ふしぎ探検隊!ムササビウォッチングが5月26日(土)、6月2日(土)に開催されました。

参加者は総勢22組56名の家族にご参加頂き、にぎやかな時間になりました。


ふれあい自然塾ではムササビのために巣箱を設置して、

なるべく影響が少ない形で観察をします。

そのため観察する前にムササビのことを知ってもらう時間も大切にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはムササビのお絵かき大会!

どんな特徴があるのかを考えてもらいながら、思い思いのムササビの絵を書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個性的な作品の数々!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


続いて、ムササビをより詳しく知る時間です。

クイズを通じてムササビの生態や意外なヒミツに

自然塾名物の”生き物はかせ”と一緒に迫りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


外もだんだん暗くなり、ムササビが住む森へ出発!

ムササビのお家(巣箱)で待つこと数分。

巣箱からひょっこり顔を出したムササビの姿を確認します。

それから顔を出したり、引っ込めたりを繰り返しついに巣箱の外へ!

平べったくて長いしっぽ、木を登る姿、素晴らしい能力の「滑空」の瞬間を見ることができました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サービス精神旺盛なムササビ。みなさんとても喜んでくれました♪

ムササビさんありがとう!そして、参加して頂いたみなさんもありがとうございました!

たぬきっこ森のようちえん春(2018年5月19日・20日開催)

今年も元気に始まりました!たぬきっこ森のようちえん2018♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※「たぬきっこ森のようちえん」とは…?
4~6歳の幼児と保護者の方を対象に、
年4回、季節の自然を味わいながら、親子で楽しめる野あそびや
自然とのふれあい方を体験プログラムを通してお伝えしています。


今回は<春>ということで、「おいしいおさんぽ」をテーマに
野あそびとヨモギ蒸しパン作りで春を満喫しました。

まずはスタッフなつの、「春のゲーム」からスタート!
はじめは緊張していた子どもたちも、体を動かしているうちに元気全開!
青空の下で遊ぶってやっぱり楽しいですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は春の森へ、探険隊になって出発です。
葉っぱ相撲やナズナのペンペン太鼓、タンポポ笛など、
野あそびをしたり、この時期ならではの生き物たちのお話しをしたりしながら
自然塾の木道を進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探険の帰りには昨年からのお馴染みキャラクター
「テントウムシの妖精 てんちゃん」からのお題にチャレンジしながら、
蒸しパン作りのためのヨモギをゲット!
裏が白くていい匂いのヨモギ、みんな覚えられたかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよヨモギ蒸しパン作りです!
よーくすりつぶしたヨモギと小麦粉などを混ぜてきます。
子どもたちも変わりばんこにヨモギを洗ったり、すったり、粉を混ぜたり…。
型に入れてしばらく蒸せば…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふっくら膨らみ、ヨモギのいい香り♪
ヨモギ蒸しパン完成です!
自分で作った蒸しパン、みんなぺろりと頂きました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、お昼ごはんにはサプライズで「野草天ぷら」も登場!
実は春の野草は食べられるものがたくさんなんです。
シロツメクサ、タンポポ、イタドリなど、

摘んできては天ぷらして、摘んできては天ぷらにして…(笑)
「こんなにたくさん食べられるんですね~!」
「花も食べられるなんて!」

とみなさん興味津々のご様子でした。


そして最後は、なつの絵本とわらべうらの時間♪
たんぽぽのわらべうたや春の絵本など、
親子でまったりお話しの世界でも春を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に感想を聞いてみると…
「春の森が楽しかった!」
「いっぱいお花が摘めた!」
「ヨモギ蒸しパン作りが楽しかった!」
と子どもたち。お父さんお母さんからは、
「カエルの声に癒されました!CDにしたいくらい!」
「野草天ぷら、ヨモギ蒸しパン、ぜひ家でもやってみます!」
「子どものペースでゆったりと過ごせたのがよかった。」
とコメントを頂きました。
ぜひお家でも、身近な春の自然で遊んでみて下さいね!

さて次回、【たぬきっこ森のようちえん夏】は、7月7日8日(土・日)に開催します!
テーマはズバリ!「生き物とおともだちになる夏」♪
親子で小さな虫たちの世界を覗いてみませんか?
みなさんのご参加をお待ちしております!


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 16ページ中1ページ目