富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

プログラム紹介

プログラム紹介

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

たぬきっこクラブ~登山家になる~(2019年10月27日実施)

2019年10月27日(日)にたぬきっこクラブ~登山家になる~が

開催されました。

 

今年度4回目のたぬきっこクラブは、

これまでで一番高い場所で過ごすことになりました。

 

集合場所は富士山富士宮口5合目です!

ただ、富士山頂を目指すわけではありません。

 

今回の講師は岩崎しゃけさん。富士山の山頂だけではなく

様々なルートで富士山の楽しさを伝えているガイドさんです。

 

この日に目指す宝永山を地図で確認し、

準備運動できたら出発!

 

風が強い時もありましたが、

天気が崩れることなく、

紅葉した木々や清々しい景色を眺めることができました。

そして下を見ると雲が!

自分たちがとても高いところにいることを

実感しました。

 

1時間程歩いたらお昼休憩をしました。

富士山を見ながらのお昼ご飯は格別でしたね。

 

宝永山までもうひと踏ん張り!

でも、ここからがとっても疲れます。

富士山を覆うコロコロとした溶岩。

足がズルっと滑るような感覚になり、中々前に進みません。

それでも一歩ずつ上を目指していき、

全員で宝永山を登頂することができました!

 

ご褒美に富士山の顔もバッチシ見ることができました♪

 

みなさん達成感にあふれているようでした。

 

次回はきこりになるです!

お楽しみに。

田貫湖カヌー教室(2019年10月20日実施)

田貫湖カヌー教室を10月20日に行いました。


参加された方は、初めてにもかかわらず、気持ちいい天気の中、

パドルを使いこなしながら、水面をスイスイと進んでいました。

 

田貫湖の無人島を一周したり、競争したり、ガイドから水と人との

つながりの話を聞くなど多種多様な遊びを楽しみました。

最後は、鬼ごっこで鬼を捕まえるとプレゼントが!

質問カードをもらった参加者は、カヌーに乗りながら親子での会話

の時間を楽しんでいました。

 

参加者は「視線が低くて、水面からの眺めがとても新鮮だった」

「おいかけっこが楽しかった」「僕たちの生活に水が必要だという

ことがよくわかった。」と笑顔で話していました。

 

田貫湖ふれあい自然塾では、このような体験を通して、自分の周りの

自然や人との関わり方を楽しく学ぶ時間を多くの方に提供しています。

たぬきっこ森のようちえん~秋~(2019年10月14日開催)

10月14日(日)にたぬきっこ森のようちえん秋~親子でやろう♪初めてのたき火~を行いました。(13日14日連日開催の予定でしたが、13日は台風19号の影響で残念ながら中止とさせていただきました。)

参加してくださったのは10組23名。パラパラ雨が降っていたって元気いっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはスタッフはるるより秋のゲームです!栗など秋にまつわるものが落ちてくる「秋のおちたおちたゲーム」を楽しみました。心と体がほぐれた後は、お待ちかねのたき火体験です。火おこしをする前にスタッフずーみんから、オリジナル紙芝居のよみきかせです。その中で登場キャラクター<たきびくん>から子どもたちへとあるお願いが…。「最近火を嫌う人が増えていて寂しい。火とお友達になってほしい!」というのです。そこでたきびくんからのお願いをみんなで叶えることになりました。

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火とお友達になるために、今回は2つのアクティビティ…「火おこし」と「おやつ作り」にチャレンジです。

 

1つめは「火おこし」。

マッチをつける練習をしてから、”長持ちする大きな火”を目指し、家族ごとにたき火をし、火を育てていきました。

みなさん、小学校に入学する前に一人でマッチをつけた経験はありますか?

正しい使い方を知ってちゃんと見守ってあげれば、子どもでも安全に火をつけることができるのですね!子どものちからってすごいです♪

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2つめは「おやつ作り」

焼きいも・焼きバナナ・焼きりんごの3つを作り、素材の味を楽しみます。

大人は包丁、子どもはスプーンやフォークを使って、協力しながら作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼ごはんを食べたら、デザートの時間です。

みんなが大きくした火で焼いた、みんなの作ったおやつ。

料理したといっても素材にほんのひと手間加えただけ。

でも美味しくなーれの気持ちとたき火で熱を加えたことで、美味しさがぐんとアップするから不思議です。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい時間はあっという間。最後は終わりの会で1日をふりかえります。子どもたちからは「たき火が楽しかった!できてよかった!」「おやつが美味しかった!」という声が。どうやらたきびくんとお友達になれたようです♪

おとなからは「子どもとたき火ができて嬉しかった。」「キャンプの成果が出て、早く火を大きくすることができました。」「たき火のおやつが思ったより美味しくて感激した。」など嬉しいお言葉を頂きました。

今年度も5月の春の回から始まった「たぬきっこ森のようちえん2019」ももう秋。春には恥ずかしがってもじもじしていた子も、秋には楽しかったことを発言できるようになって、そんな子どもたちの成長も嬉しいずーみんとはるるです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


火は火傷や火事の元になるこわい一面もありますが、上手に付き合えば暖を与えてくれるし料理だって作れる<人にとってなくてはならないもの>ですね。

ぜひ外に出掛けて、親子でたき火をしてみてください♪

 

さて、次回たぬきっこ森のようちえんは、今年度最終回となります!!

テーマは、「たぬきっこ森のようちえん冬~森はおもちゃ箱!自然素材で遊べるおもちゃをつくろう!~」ということで、寒さに負けず自然素材の工作とあそびを楽しもうと思っています!

11月16日(土)、17日(日)の開催です。

16日(日)は残りわずかではありますが空席があります。17日(日)はキャンセル待ちにて承っております。ご予約ご希望の方、気になる方はぜひお電話ください。

みなさんにお会いできますのを楽しみにお待ちしています!

たぬきっこクラブ~漁師になる~(2019年8月25日実施)

2019年8月25日(日)、たぬきっこクラブ~漁師になる~が

開催されました。

参加者は10組22名、晴天で天気に恵まれた1日になりました。

 

午前中は富士山の湧き水が流れる川へ!

まずは魚の気持ちになるべく川流れをしました。

「つめたーい!!」と

富士山の湧き水の冷たさを大人も子供を体で感じます。

 

続いては川に暮らす生き物を調査しました。

魚やトビケラ・カゲロウなどの川むしが隠れていそうな場所に

目ぼしをつけて網をいれます。

子どもより大人が夢中になる程の時間を過ごし、

たくさんの生き物を捕まえることができました。

 

最後は川へダイブ!

普段やることのない体験に、最初は戸惑う子どもたちも

1人が飛び込めば、「後に続けー!」と言わんばかりに

みんなチャンレジできました。

「いつもおとなしい子どもが川に飛び込む姿をみれて嬉しい」と

親御さんからの声もありました。

 

午後は、富士山の湧き水で育った

”ニジマス”を釣りに釣り堀へ!

 

親子で協力して、魚が見えるところへ糸をなげます。

しかし、魚との知恵比べはなかなか難しい!

エサだけとられて針にかかりません。

それでも、何回か続けているうちにコツをつかみ

全員が釣り上げることに成功しました。

 

そして、その魚を自分たちでさばいていただきます。

お店で売られている魚は誰かが食べやすいにさばいてくれたものです。

今回は自分たちで包丁を使い、食べれるようにしていきます。

 

上手さばけたお魚は炭火でじっくり焼いていただきました。

 

今回も無事に、大盛況に終えることができました。

ありがとうございました。

 

親子でむしむし調査隊(2019年8月3日、8日、10日実施)

2019年8月3日(土)、8日(木)、10日(土)に

親子でむしむし調査隊が開催されました。

 

まずは虫を捕まえるための知識をつけるために、

クイズ大会を開催しました。

知っているようで知らない虫のヒミツに楽しく迫りました。

 

続いては自分だけの虫網を作りました。

針金やペンチなど本格的な道具を使い、

親子で協力して立派な虫網が完成しました。

 

その完成した虫網で、いよいよ虫捕り大会です!

自然塾の原っぱに暮らしている虫たちをたくさん捕まえます。

バッタはもちろん、トンボなどの一筋縄でいかない虫たちも

自分の作った網で捕まえることができました。

 

今回は捕まえた虫がどんな虫なのか、名前などもわかるところまで

調べてみることにチャンレジしました。

大人も子供も興味津々で図鑑を眺める姿が印象的でした。

 

みなさんが虫のおかげで自然塾の周りの自然には様々な虫が

暮らしているのがわかりました!

ありがとうございます。

 

これからも自分の虫網をつかって、お家の周りの虫を調査してもらえると嬉しいです。

 

富士山冒険キャンプ~入門編~(2019年7月26~28日実施)

 

2019年7月26-28日の2泊3日で富士山冒険キャンプ~入門編~が

開催されました。

 

このキャンプでは、自分たちでテントを建て、

料理するための火をおこし、

自分たちで食べるごはんを自分たちで作るといった、

“色々なことを自分の手でやってみる”を

大切なテーマにしました。

 

ナイトハイク、洞くつ探検や自然素材を使った工作などの体験を通じて、

自然の中に身を置き、、仲間と協力する楽しさや喜びなど、

普段感じることのないワクワクやドキドキを感じてもらいました。

 

終わりの会では子どもたちに、キャンプに来てよかったことを聞いてみました。

「洞くつでコウモリを見つけられたこと」

「流しうどんをしたこと」

「みんなで料理をつくったこと」などなど

子どもたち1人1人が楽しさを見つけ出してくれたようです。

 

スタッフも楽しめた冒険づくしの3日間、

心に残るキャンプとなりました。

 

ありがとうございました。

自分で打ったそばは格別!そばうち道場(6月23日実施)

6月23日(日)、そばうち道場を実施。

県内の他、東京・神奈川から10家族40名の方が集まった。

 

講師は全麺協の四段を持つ凄腕のそばうち職人池田さんと一ノ瀬さん。

自分の手でおいしいものが作れることを知ってほしい、と浜松から来ていただいた。

 

彼らの指導の下、家族ごとにわいわいとそば粉をふるいにかけ、水を入れながらこねて、

のばして、たたんで、切ってそばに仕上げていった。子どもは子どもの大人は大人で

それぞれできることをやり、皆で力を合わせて、おいしいそばが出来上がった。

最後は、天ぷらと付け合わせて、いただきます!おいしく味わうことができた。

 

参加者は「初めてそばを作った。おいしくて感動した!」

「野草も天ぷらにしたらおいしいことがわかった。」と笑顔がこぼれていた。

「お母さんのお料理をこれからは手伝いたい」というお子さんもいた。

 

田貫湖ふれあい自然塾では、このような体験を通して、自分の暮らしを見つめ直す

機会を多くの方に提供していきたいと考えている。

 

 

たぬきっこクラブ~有機農家になる~(2019年6月16日実施)

たぬきっこクラブ~有機農家になる~を開催しました。

 

今回はホールアース農場におじゃまして、1日たっぷり農業体験をしました。

農家さんの1日に触れるので、収穫ではなく畑や田んぼの雑草を抜き、

田んぼの苗を育てた箱を洗い、出荷するために玉ねぎを吊るすなどの”作業”を体験しました。

 

参加者からは

「田んぼの中に入って気持ちよかった」

「農業の大変さがわかった」

「野菜を食べるときありがたみを感じたい」

など様々な感想がありました。

 

次回は漁師になるです。

 

田貫湖カヌー教室(2019年5月25、26日実施)

5月25日、26日にたぬき湖カヌー教室が開催されました。

(田貫湖では許可申請をしている団体がカヌーを利用できます。)

集まったのは、神奈川や地元静岡から6家族16名。

 

天気に恵まれ、気持ちのよい水面を、パドルを使いこなしながら、

スイスイと進み水鳥の気分を味わいました。ほとんどの人がはじめての中、とてもお上手でした!!

 

慣れて来たら田貫湖にある無人島を一周したり、競争したり、

水と人とのつながりの話など様々な遊びで一日を満喫しました。

 

最後は、大人気の鬼ごっこです。鬼を捕まえたら自然塾特製「質問カード」をプレゼント!

質問カードをもらった参加者は、カヌーに乗りながら親子での会話を楽しんでしました。


参加者は「普段、忙しく過ごしている中で、こんなにゆったりと自然や自分と

向き合う時間になってよかった」「子どもが水の生き物たちと自分の暮らしとの

つながりに気づいてよかった。」と嬉しい感想をもらいました。



次回は10月19(土)、20(日)に開催します。お申込みお待ちしております!

 

たぬきっこ森のようちえん~春~(2019年5月18、19日実施)

2019年度もたぬきっこ森のようちえん、元気に始まりました!

「たぬきっこ森のようちえん」は2011年の初開催から今年で9年目の実施となります。

年少~年長の幼児と保護者が対象の本イベントは、春夏秋冬の年4回、

プロの自然ガイドがお送りする、自然の魅力を季節ごとに親子(幼児と保護者)で

楽しむイベントタイプの森のようちえんです。

普段の生活では味わえない「自然とのふれあい方」を、様々な体験を通してお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は「たぬきっこ森のようちえん春~春の野あそびと野草の天ぷらづくり~」をテーマに、

2019年5月18日・19日に実施し、両日合わせ18組40名の参加がありました。

 

春の植物に関するゲームで心と体をほぐし、さっそく野あそびをしながらの森の散策に出発です!

厳しい冬を乗り越えて春になり、今自然は元気いっぱい!

たくさんの草花が咲く中、たんぽぽ笛やフキのお面づくり、草相撲など

親子で野あそびを楽しみながら歩きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、昆虫にふれたり、モリアオガエルの鳴き声に耳を澄ませたりして

元気に活動する生き物たちを感じることもできました。

日曜日の回では、巣箱から顔を出した野生のムササビを見ることもでき、

参加者から歓声があがっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては、野草天ぷらのための野草摘み!

子どもも大人も、ハルジオン、タンポポ、シロツメクサ、イタドリ、

フキ、ヨモギなど様々な野草を夢中になって採取しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロツメクサのにおいをかいで、「春のにおいだね」という子も。

子どもの感性はとっても素直で素敵です♪

 

散策から戻ったら春の野草天ぷら作りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分たちで天ぷらのタネを作り、揚げた天ぷらは大人にも子どもにも大好評でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちが頑張って洗ってちぎってくれたギシギシの葉を入れた味噌汁もおまけに

野草天ぷらでランチタイムです!

「花を食べることもできるとは驚きでした。おいしかったです!災害の時にも役立ちそうですね。」

「ちょっと苦かったけど、おいしかった!」

と野草天ぷら人気です!みんなでモリモリいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春のわらべうたや絵本の読み聞かせのあとは、みんなで1日をふりかえり終わりの会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「野草をとったのが楽しかった!」

 

「普段目にする身近にある野草が食べられて、しかもおいしいなんて!

食べるだけでなく採ることから体験出来てよかったです。家でも作ってみたいです。」

 

「子どもが生き生きしていました。自然に触れるのも、天ぷら作りも全て楽しんでいました。」

 

「身近な植物への印象が変わりました。これからは少し違った目線で春の植物を見れそうです。」

 

といった感想が聞こえました。

 

今回遊んだり、食べたりした野草は皆さんの住むお家の周りでも見ることができる、

どれも身近な植物です。

ぜひまたご家族みなさんで自然を味わってみて下さいね!

 

 

 

さて次回、

「たぬきっこ森のようちえん夏~知って触れて大冒険♪キミも小さないきもの博士になろう!」は

6月29日、30日(土、日)開催予定です。

ぜひみなさん、たぬきっこ森のようちえんへ遊びに来てくださいね!

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 10ページ中4ページ目