富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

プログラム紹介

プログラム紹介

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

自然と暮らしの講座~秋を科学してもみじを食べよう!~(11月17日実施)

紅葉美しい秋晴れのたぬき湖で、秋を満喫しちゃいました。

 

秋のさまざまな自然を科学した後には、もみじにちなんで
もみじ肉を食べようというこの企画。

 

前半は田貫湖湖畔をのんびり歩き、色づく葉っぱやどんぐり、
長旅をしてきた水鳥たちなどを楽しみました。

 

そして、後半は「もみじ」を食べる。
「もみじ」ってなんのことかわかります?
そう、シカ肉のことです。
昔(明治時代に入るまで)は肉食が禁止されていたので、
シカ肉といわず、もみじと隠語で呼んで隠れて食べていたとか。

 

ではなぜ、今回の企画でシカ肉を食べたのか?
じつは富士山ではシカが増えすぎて、食べ物がなくなり、
木の樹皮やいろんなものをかじって、森が大変な状況になってきています。
その森を守るために、今回ご案内したちょびひげは、猟師もしています。
つまり、シカの命をいただいています。
そのことについては、さまざまな考えがあると思いますが、
せっかくいただいた命。無駄にはしたくないということで、
腕を振るい、みなさんに食べていただいたというわけです。

 

お味は…
「うまーい!!」と皆さん口をそろえて大満足。
いろんな料理を食べ比べましたが、
どれもおいしいと感想をいただきました。
シカに限らず、僕らが口にしているものはすべて命。
その命をいただいているという感謝の気持ちを忘れたくないですね。

 

6回目の自然と暮らしの講座は無事終了。
次回はくんせい講座。2月にまたお会いましょう。
参加してくれたみなさん、ありがとうございました!!
(スタッフ:ちょびひげ)

 

たぬきっこ♪ 森のようちえん~冬~(11月23日24日実施)

たぬきっこ♪森のようちえん冬を実施いたしました!
ポカポカ陽気に恵まれ、紅葉も美しく気持ちのよい2日間でした。

今回のテーマである焚き火をするために冬の森へ出発です。足元には、沢山の落ち葉が落ちていて、落ち葉1つ1つに表情があって、みんなで葉っぱの顔探しをしました。
どれも、同じものはなくて、そして見え方も違っていて、おもしろかったです。見え方は人それぞれ♪♪


今度は枝集め!沢山枝が集まった所で、枝を運ぶ紐の結び方を学びました!これで準備万端!さて、戻るにはなんと落ち葉列車が出現します!!大人が子ども達を持ち上げて運ぶ、落ち葉列車です。こんなステキ落ち葉列車はないですね♪子供たちは笑顔いっぱいでした!


焚き火をしているスタッフボブ君と合流し、いよいよ、竹でバームクーヘンづくりに挑戦!
みんなでゆっくり回せば、どんどん大きくなっていく~♪全員が協力して大成功だったね。
他にも、焚き火に必要な火の赤ちゃんを誕生させる事をしました。ドキドキのマッチ体験。みんな失敗はあたりまえ!緊張もしたけど、幼稚園児でもできちゃった!マッチを触る機会なんて生活の中でもうなくなってきたけれど、火をおこすこと、火の怖さを知る事、親子でしっかりと向き合ってくれた時間でした。
お昼ごはんは青空の下で、みんなでいただきます!バームクーヘンと焼きリンゴのおやつ付き!と~ってもおいしかったぁ!!最後は絵本を読んでお・し・ま・い♪
この体験で自然を感じる感覚が少しでもみなさんに伝わったらうれしいな~!お家に帰ってからも身近な自然に目をむけていただけたら素敵だな~!そして子供の発見に一緒に寄り添えていただけたらと思ってます♪

最後に今年度のたぬきっこ森の幼稚園はこれでおしまいです。親子で自然への一歩目をお手伝いするそんな気持ちでたぬきっこのプログラムをつくってきました。沢山の方が参加してくださり本当にありがとうございました!
また、来年も「たぬきっこ森の幼稚園」でお会いしましょう!!(がちゃ)

 

木の実・秋の実ウォッチング(11月10日実施)

「木の実・秋のウォッチング」を行ないました。この時期だから楽しめる、種の不思議やおもしろさを楽しんで学ぶプログラムです。

紅葉が美しくなってきた頃、足元では沢山のドングリをみながら歩くことができました!

途中雨がシトシトふってきましたが、それでもへっちゃら♪子ども達は元気よく走り回っては

いろんな実をみつけてくれました♪


今回は秋の実でも私達の服につくとちょっとやっかいな種。「くっつき虫」に焦点をあてて種の面白さにせまりました。まずは、くっつき虫をつかまえよう!

ということでくっつき虫をつかまえる道具をつくったり、捕まえたくっつき虫やみつけた木の実などをを虫眼鏡や顕微鏡でじっくり観察しました。顕微鏡からみえる種のすごさに驚く声も聞こえ、なるほど!こうやってくっついてたのか~と納得!そして、なんでくっつく理由も知ることができ、最後は実際に本物のいろんな種を投げてとばしてみたりして遊びました。


お家にかえってからもこの時期だから見れる、身近な秋で自然の楽しさをしっていただければと想います♪

紅葉と秋の実や種で遊んだとっても楽しい一日でした。


参加してくれたみなさまどうもありがとうございました!

宝永火口トレッキング(11月9日実施)

やって来ました!田貫湖やまのぼりクラブ。
今回は雪化粧できれいな富士山宝永火口を目指しました。

 

当日はこれ以上ない秋晴れで、麓からでも富士山も宝永火口もくっきり見えていました。

 

水ヶ塚駐車場に車を止めると、「須山口」というところから登り始めます。
登り3時間半、下り2時間半とかなり歩く山行でしたが、わきあいあいと楽しく登ることが出来ました。

 

須山口からの登山の特徴は、なんといっても植物の変化!
そして日本とは思えないほどの壮大な景色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始めはなだらかな樹林帯を歩いて行き、しばらく歩くと「カエデの森」から

「針葉樹の森」へと変わっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 太かった木々は火口が近づくにつれて細くなり、紅葉で有名な「カラマツの森」へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして森林限界を迎えると、宝永火口がその姿をあらわします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

富士山や大自然が好きな人には、ぜひ見てほしい景色です。

 

また道中は、富士山の話や須山口、宝永火口の歴史について解説をしました。
なかなか行く機会のない「第二火口」「第三火口」もバッチリ覗けたので、きっと

満足して頂けたのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は富士山麓最高峰の「毛無山」を目指します!(11月10日現在満員御礼)
参加してくれた皆さま、どうもありがとうございました!また行きましょう

山村ぼぶ(2013年11月10日)

<< 1 >> 1ページ中1ページ目